YAMAHA GC60 / ネック折れ修理

ID1339-3.pngネックが折れてヘッドが取れてしまっています


ID1339-10.png折れた箇所を重ね合わせて状態を確認します。ささくれなどがあれば取り除き、出来るだけ密着するように断面を調整します

ID1339-12.png割れの状況により接着剤を選択します。今回はエポキシ系接着剤を使用することにしました。接着時に断面がずれないようにヒモを張ってクランプ接着します


ID1339-15.pngとりあえずヘッドが付きました。断面のずれもほとんどありません



ID1339-17.pngヘッド面の付き板の破片が残っていましたので接着します


ID1339-20.png付き板の欠損部分は同じようなハカランダ材でパーツを作り接着します


ID1339-21.png欠損部分に合わせて作ったパーツをクランプ接着します


ID1339-22.png付き板の接着後ヘッド形状に合わせて整形し、小さな欠けや凹み箇所にはパテを埋めて着色タッチアップしオリジナルの雰囲気に近づけます

ID1339-27.png裏面の割れ箇所周辺の塗装をはがし木地調整します


ID1339-31.png割れの断面がかなり小さいため補強が必要と判断しFRP補強します

ID1339-36.png硬化後箇所を研磨してツラ出しし着色スプレーします。最後にオーバー塗装して仕上げます

ID1339-41.png仕上がり状態です

ID1339-45.pngヘッド面の仕上がり状態です